食べる

レストラン・お弁当・
土産店の紹介

[釧路市] 釧路倶楽部

釧路川の絶景とともに、贅沢でおいしいひとときを堪能

脂乗りが良くおいしいと評判の、釧路市のブランド真サバ「北釧鯖(ほくせんさば)」。塩焼きや味噌煮などが一般的な食べ方だが、イタリアンなどの洋風料理にもよく合う。
釧路川沿いの、歴史ある建物の2階にあるカフェレストラン「釧路倶楽部」で味わえるのは、サバとナスのトマトパスタ1,188円(ランチタイムは1,000円)。トマトソースに生の北釧鯖の身をあえてゆっくり熱を通すことで、脂の旨みとトマトの酸味が混じり合い、奥深い味わいに。長ネギで香り付けされているので、魚の臭みもほとんど感じない。あとは白ワインとオリーブオイル、ほんの少しの塩のみだ。ほかにもランチやディナーでは、釧路・根室地域の食材をふんだんに使ったメニューが楽しめる。
料理とともにぜひ堪能してほしいのが、大きな窓から見える景色。眼下を釧路川が流れる最高のロケーションは、海とともにあった釧路のまちの歴史を感じさせてくれるはず。その価値を、ぜひ実際に見て確かめてほしい。

※価格は全て税込表記、18:00以降は別途チャージ料あり

※情報は2018年7月取材時のものになります

  • 厚岸産アサリのボンゴレビアンコ1,296円(ランチタイムは1,050円)。大きめのアサリから出るダシの旨みに、ガーリックオイルをからめたオイルパスタは、アサリがたっぷり使われていて見た目にも大満足の一皿
  • 店主の湯城(ゆしろ)誠さんと円(まどか)さん夫妻。東京から釧路に移り住み、この建物と出会って2017年にオープン。店名には、まちの交流の場となるという願いが込められている
  • 築40年の建物は元東北海道日ソ友好会館。店内にも当時の面影が随所に。一枚板のテーブルや無垢材のフローリング、絨毯敷きの窓際の席も特別感たっぷり。建物へは靴を脱いで入るスタイルなのでリラックスできる
  • 夕暮れからは、昼間とはまったく違った雰囲気に。マジックアワーの金色に輝く釧路川を眺めながら、ロマンチックなひとときを過ごしたい

釧路倶楽部

住所/釧路市大町1丁目1-11 ベイサイドビル2階(JR釧路駅から徒歩で約16分、車で約6分)
電話/0154-65-7594
営業時間/11:00〜22:00
定休日/火曜、不定休あり(HPで要確認)
https://www.kushiroclub.com