食べる

レストラン・お弁当・
土産店の紹介

[厚岸町] 厚岸味覚ターミナル・コンキリエ

ウイスキーと? 炭火焼きで? 厚岸のカキをお好みのスタイルで

生で、焼いて、蒸して、揚げて…。コンキリエは、新鮮なカキを存分に楽しめるパラダイスだ。
「オイスターバール ピトレスクは、生ガキにウイスキーをかけて食べ、飲むという、スコットランドのアイラ島発祥とされる楽しみ方を提案。カキは「カキえもん」や「マルえもん」をはじめとする厚岸産。生牡蠣三点ウイスキーセット1,500円(アイラモルト各種20ml)は、生ガキのつるりとした食感と風味、ウイスキーのスモーキーで気品ある香りが口の中で混じり合い、夢心地に。厚岸蒸溜所のニューボーンとのセットもある。厚岸カキと厚岸ウイスキーという魅惑の取り合わせを楽しみたい。
豪快にカキを味わうなら、「炭焼あぶりやへ。市場の生け簀から自由に活貝を選んで購入し、炭火で焼いて食す。焼きガキは1個190円〜。「レストランエスカルは和洋さまざまなメニューがそろう。カキ加工品の販売コーナーもあり、お土産もよりどりみどりだ。

※価格は全て税込表記

※情報は2018年7月取材時のものになります

  • お洒落な食べ方として最近人気の、オイスターシューター各500円。ショットグラスに入れた生ガキを、ソースと一緒に味わう
  • ピトレスクから厚岸湾を一望。タイミングにより操業中の漁船が見える窓側の席は予約も可能
  • 炭焼あぶりやの名物、えもん酒蒸し1,500円。カキと日本酒をバケツに入れ、炭火で蒸す。ふたを開けた瞬間、カキと日本酒の香りがふわり
  • レストランエスカルには、かきぶた合戦丼や厚岸トンカキなど、地元の素材で作る料理がそろう。写真はえもん丼1,200円(数量限定)。カキ、ツブ、アサリ、昆布、シイタケなど、厚岸の山海の幸が味わえる
  • コンキリエ館内には、観光案内所をはじめ、市場や特産品の販売コーナーもある。写真はお土産選びにお薦めの総合展示販売コーナー
  • 金のかき醤油、金のかき塩各648円。厚岸産カキを使用した濃厚な旨味が堪能できると人気。厚岸限定のオーイスター君塩ラーメンは324円

厚岸味覚ターミナル・コンキリエ

住所/厚岸郡厚岸町住の江2丁目2(JR厚岸駅から徒歩で約5分)
電話/0153-52-4139

営業時間/

本館:
4〜10月 9:00〜21:00
11〜12月 10:00〜19:00
1〜3月 10:00〜18:00

オイスターバール ピトレスク:
4〜10月 11:00~20:00 (L.O. 19:30)
11〜12月 10:00〜19:00(L.O 18:30)
1〜3月 10:00〜18:00(L.O 17:30)

炭焼あぶりや:
4〜10月 11:00〜21:00(L.O 20:00)
11〜12月 11:00〜19:00(L.O 18:00)
1〜3月 11:00〜18:00(L.O 17:00)

レストラン エスカル:
4~10月 11:00~19:30(L.O. 19:00)
11~12月 11:00~19:00(L.O. 18:30)
1~3月 11:00~18:00(L.O. 17:30)

総合展示販売コーナー:
4〜10月 9:00〜19:00
11〜12月 10:00〜19:00
1〜3月 10:00〜17:00

定休日/毎週月曜(祝日の場合は翌火曜休み)
※7・8月は無休

http://www.conchiglie.net